太陽光発電の普及が進んでいない理由

私たちの生活にとって、電力は欠かせないものです。
その電力を作るには、火力発電、水力発電、風力発電、地熱発電、原子力発電などから電力の供給を受けているのが多くの現状です。
それ以外に太陽光発電があり、自然にやさしく、環境問題にも適し、個人宅への設置も可能ですが普及は進んでいません。
その理由には設置するスペースがない事や、コストが掛かる事、故障した場合の保全修理が必要である事、近隣に設置している家をあまり見かけない事、マンション等集合住宅であり個人的に設置の判断ができない事、また現状のままで十分であり、考えたことがないなど様々です。
仮に、設置したとしても天候の悪い日が続いたり、台風や最近日本でも発生する突発的な竜巻、雹や霰などによる被害、夜間は発電できないなどの理由もあります。
本来、限りある資源や地球温暖化、原子力発電の問題に対して国をあげて普及を推進すべきところですが、その動きもありません。
これらの理由を解決しない限り、普及することは現状では難しいです。
新築住宅などで、最初から設置されていれば非常に良い発電方法でありますが、いざ現状住んでいる住宅に対し、設置するまでには至らないのが現実です。
4967935

コメントは受け付けていません。