プロモーションがしにくい

太陽光発電は次世代の再生可能エネルギーとして大変注目を浴びています。しかし実際、太陽光発電装置を取り付ける家庭もありますが、中々普及しません。その原因はいくつか考えられますが、その一つがプロモーションがしにくいことです。
つまり、太陽光発電には多くの人は多少なりとも関心はあります。しかし、その多くが自分には関係ないとするか、ちょっと調べて難しいのでいいやと諦めてしまうかのどちらかなのです。
つまり、とっつきにくいと感じてしまうので、いくらメーカーや施工業者が販売促進のキャンペーンを行っても、そもそも見向きもされないのです。
それでは、どうしたらキャンペーンに興味を持ってもらえるかとしたら、それは太陽光発電がどれくらいエコに貢献するかを私たちの生活に密着した形でわかりやすく説明するとか、もっと言えば、もってけ泥棒的な大幅な値下げをするかどちらかでしょう。
後者は、メーカーや施工業者が大赤字になってしまいますし、手抜き工事が発生しかねません。そこで、太陽光発電をもっと身近に感じられるようななにかを提示して、普及を進めるのが一番でしょう。
金額がかかるのはわかっているので、ターゲットを富裕層に絞って、太陽光発電のメリット、デメリットをわかりやすくかつ興味深く提示し、普及を進めるのが一番の施策です。

gf0240039759l

コメントは受け付けていません。