クロスセル、アップセルが困難

昨今、次世代の再生可能エネルギーへの転換が早急に迫られる中、家庭用太陽光発電システムの一般家庭への普及が伸び悩んでいます。その原因は様々ですが、一つにシステム自体の値段が高すぎてクロスセル、アップセルが困難ということがあげられます。

空-稲妻

 

つまり、太陽光発電システムの導入費用は安く見積もってもザッと100万円以上はかかります。従って、仮にシステムを購入した場合、その後により高価な商品の購入がまず難しいのです。

 

そもそも太陽光発電システムに関連してアップセルが見込める商品というと、エネファームがそれに当たりますが、こちらの商品も非常に高額なため、さらに導入するには敷居が高くなっています。

 

以上のように、太陽光発電が中々普及しないのは、消費者側の太陽光発電へのとっつきにくさだけでなく、売り手側のアップセルが見込めないという、両者それぞれに原因があるのです。

 

しかし、太陽光発電のような再生可能なクリーンエネルギーの必要性は叫ばれています。こういったシステムが各家庭に普及することが望ましいのですが、上記のように非常に難しいのが現状です。
現状を打破するには、太陽光発電に対しての考え方そのものを転換する必要があります。

コメントは受け付けていません。