ローンの利息を払ってでも回収できるほどの収益性が見込める

太陽光パネルやソーラー発電を導入する家庭が増えています。月とロケット

 

多くのメーカーや会社でも太陽光発電を売り出しており、様々な広告を目にする機会も多くあります。
太陽光発電を0円で設置、タダで太陽光発電を導入、初期費用無料などこのような広告もたくさんあります。

 

実際どのような仕組みで「初期費用無料」ということになるのでしょうか。
実際はソーラーローンを使って太陽光発電を導入するのですが、ローンの利息を払ってでも回収できるほどの収益性が見込めるため、このような広告が多いのです。

 

毎月の売電収入と節電になった金額で、そのローンを返済していくので15年ほどでローンは終了します。
太陽光発電の導入費用はすべてローン会社が支払い、毎月支払うローンは売電収益と節電益から捻出するので、実際に負担となるお金はない、ということになります。

 

ローンが終わった後は売電収入と節電益が収益として確保されます。
太陽光発電の規模が大きくなればお金をかけることなく収益も見込める、ということです。
全量買取制度による売電の期間は、ほとんどすべてのメーカーで10年間保障されています。

 

 

見積もりと発電シミュレーションをしっかりと行い、導入するかどうかを決めましょう。

コメントは受け付けていません。